手をツヤツヤにする、簡単過ぎる方法

たまにランチに行く友達が、ある時よくよく見たら、ものすごく手がきれいになっていて、驚いてしまいハンドクリーム何使ってるの?と聞いたのです。

そしたらその方法というのが目から鱗というか。。。そんなことで本当によくなるの?と言うような方法だったのです。美容部員のお姉さんから聞いた方法らしいのですが、「化粧水など顏につけた後、必ず手に残る化粧水を、そのついでに、手にパッティングすると言うもの」
はい、たったこれだけです。ちょっと信用できないですよね?

ちなみに、彼女はその言葉を信じて、それからずっとやっていると言っていました。

普段から、結構高いハンドクリームをこだわって使っていた私は驚いてしまいましたが、私もやってみることにしました。。。でも、これがなかなか続かなかった(笑)忘れてしまうのです。

なので私は、周りのお友達にこの方法を教えています。こんな簡単な方法ですが、かなり効果があるそうで、「やっぱり手も、顔と同じようにスキンケアしてあげたら、答えてくれるわけよね」と、喜ばれました!なので、忘れないようにできるのであれば、ハンドクリームを使わなくても手を自然に美しくする方法としてはこの方法はかなりオススメです。
ユーグレナ。オールインワン好きの私も納得!基礎化粧品はこれ一つ

肌と相談しながら、基礎をしっかり!

10代や20代の前半の頃は、寝不足は当たり前。仕事や遊びに全力をかたむけて、帰ってきたらスキンケアどころか化粧を落とす気力もなくベッドに沈み込む。なんて日も多々ありました。それだけ肌を酷使していても、それでもどうにかなっていたんですよね。だけど、25歳を回るとどうにもファンデーションは粉を吹いたみたいになるし、仕舞いには口元や頬の弛みのせいか、ほうれい線が出来てしまう期末。さすがに老け込んでしまった自分の顔を見て、反省しました。

フェイシャルエステや高級化粧品などに手を出せば、回復も早いのでしょう。ですがお恥ずかしい事に根っからのズボラな私です。エステは通うのが面倒ですし、高級化粧品はお財布の事情が許しません。仕方がないので、生活改善を心掛けます。これが案外効きました。使ったのは手持ちの基礎化粧品だけです。化粧水も肌が突っ張った感じや、カサツキが気になれば、時間を問わずたっぷり使用。乳液もその時どきで、部分的に多く使ってみたり夜もサボらずにキチンとクレンジングと洗顔をして、化粧水と乳液をする。普段からお水をたくさん飲む。そして、夜更かしせず眠る。

これを、肌のターンオーバーの周期を考えて、気長に一月。その頃には、ショックを受けたほうれい線も薄くなっていました。やっぱり、生活って本当に肌にでます。難しい事をするより、まずは基礎をしっかり実践する。これが大事なんですね。
http://lafosseriewaes.com/

できちゃっても大丈夫、素早く直そう!

ニキビができた後、なかなか治らない色素沈着したニキビ跡。この色素沈着に私はずっと悩まされ続けました。しかし、次の2つの方法を試すことで一向に治らなかったニキビ跡が、薄くなりつつあるのです。その2つの方法を紹介します。

方法その1 とにかくビタミンB2が入ったサプリメントを摂取する。

ビタミンB2は、皮膚を再生させる働きがあります。年齢とともにこのビタミンB2が体の中から減っていきます。そのため傷跡が治りにくくなってしまうのです。失われてしまったビタミンB2を摂取することで、肌の再生を促し、色素沈着を治りやすくさせるのです。

方法その2 ビタミンの入った美容液を塗る

内側からビタミンを取ることも大切ですが、外からも補いましょう。よくしみやそばかすに効く美容液がドラッグストアなどで売られていますよね。そんな美容液なら何でも効くわけではありません。私が今までで一番効いたと思うのは、ビーグレンのCセラムという美容液です。お値段はやはり高めですが、私は美容液をぬった次の日に効果を感じることができました。まだ続けて2週間ほどですが、あと1ヶ月もすればだいぶ薄くなるんじゃないかと信じています。

以上2つの方法を実践中です。興味があればぜひ試してみてください。
ユーグレナoneオールインワンの口コミと効果、その保湿力に驚き!!