肌と相談しながら、基礎をしっかり!

10代や20代の前半の頃は、寝不足は当たり前。仕事や遊びに全力をかたむけて、帰ってきたらスキンケアどころか化粧を落とす気力もなくベッドに沈み込む。なんて日も多々ありました。それだけ肌を酷使していても、それでもどうにかなっていたんですよね。だけど、25歳を回るとどうにもファンデーションは粉を吹いたみたいになるし、仕舞いには口元や頬の弛みのせいか、ほうれい線が出来てしまう期末。さすがに老け込んでしまった自分の顔を見て、反省しました。

フェイシャルエステや高級化粧品などに手を出せば、回復も早いのでしょう。ですがお恥ずかしい事に根っからのズボラな私です。エステは通うのが面倒ですし、高級化粧品はお財布の事情が許しません。仕方がないので、生活改善を心掛けます。これが案外効きました。使ったのは手持ちの基礎化粧品だけです。化粧水も肌が突っ張った感じや、カサツキが気になれば、時間を問わずたっぷり使用。乳液もその時どきで、部分的に多く使ってみたり夜もサボらずにキチンとクレンジングと洗顔をして、化粧水と乳液をする。普段からお水をたくさん飲む。そして、夜更かしせず眠る。

これを、肌のターンオーバーの周期を考えて、気長に一月。その頃には、ショックを受けたほうれい線も薄くなっていました。やっぱり、生活って本当に肌にでます。難しい事をするより、まずは基礎をしっかり実践する。これが大事なんですね。
http://lafosseriewaes.com/